初心者のための投資オールガイドTOP > 預金とは?

預金と何か?貯金とどう違うのか?

預金と聞くと私たちはすぐ貯金を連想します。でも厳密に言うと貯金と預金は違います。

貯金とはその字のごとくお金を貯えることであり、運用という概念はあまり感じられません。

一方、預金とは資金運用の一つの手段なのです。銀行や郵便局の口座にお金を入れておくのは、預けているわけではなく金融機関にお金を貸してあげているのです。

銀行は多くの人から借りたお金を運用して利益を出しているのです。銀行預金はお金を預けているわけではなくて、お金を貸してあげているという意識を持ちましょう。

そのため預金にはいろんな種類があり、金利も違います。

したがってより高い金利のものを利用することにより、利回りを狙う資金運用が可能になるのです。

また外貨預金などは為替変動利益を狙う投資対象の金融商品にもなっているのです。ただ預金の金利は景気に左右され一定ではありません。

このところの日本ではデフレが進行し、そのため預金金利はかつてなかったほどの低水準で推移しています。

そのせいで金利で得る収益は極端に減っており、運用メリットがうんと下がっています。

こうした預金ですが、金利が安いほか、運用上のリスクなどはないのでしょうか。

銀行預金にはペイオフという制度がある

このところ「ペイオフ」という用語をよく耳にするようになってきました。

はたしてこの言葉の正確な意味はどのようなものなのでしょうか。

ペイオフとは英語ではPay Offと言い、金融機関が破綻した場合に預金者を保護する目的でつくられたものです。

これは各金融機関が加入している「預金保険機構」が預金者を保護するためにつくった制度です。

この制度によりペイオフの対象になる商品を銀行などに預けている場合、預金額の一定額が保護されます。

現行の制度では個人や法人が一つの金融機関について預金者一人につき1000万円までの元本とその利子が保護されます。

なお1000万円を越える部分は、破たん金融機関の残余財産の額に応じて変わってきます。

したがって仮に2000万円の預金があった場合、残り1000万円がまったく保証されないというわけではありません。

金融機関側が財産を処分して、残りがあった場合はペイオフの限度額以上が戻ってくる場合もあります。

ただし当座預金など、利息のつかない決済預金についてはペイオフの対象外で全額が保護されます。

初心者のための投資オールガイドTOP > 預金とは?