初心者のための投資オールガイドTOP > 債権の種類

発行体によって異なった名前で呼ばれる

債券と債権は紛らわしい言葉です。したがってそれら2者の違いをはっきりわきまえた上で債券の意味を捉える必要があります。

今回のテーマは債権ではなく債券です。

まずそのことに注意を払った上で理解することが必要になります。

債券と一言で言ってもその種類は多く、各々の特徴はもちろん、取引単位や利回り、税率などもそれぞれ違ってきます。

では今わが国にはいったいどれくらいの種類の債券があるのでしょうか。ここではその発行体による種類と特徴についてを見ていきましょう。

<国債>
国債とは国家が発行する公債のことを言います。発行時に償還期限と利率が定められ、購入者はこれに応じた利息を受け取ることができます。また償還期限を迎えると元金が戻されます。なお国債は他の債権と同じように市場で売買されますので価格は常に変動します。
<地方債>
都道府県など、地方公共団体が発行する公債のことです。国債と同じように市場で売買されますから、この債券も投資の対象になります。
<金融債>
金融機関が特別の法律のもとで発行する債券です。これには償還期間が5年の「利付金融債」や償還期間が1年の「割引金融債」などがあります。
<社債>
企業が資金調達を目的にして、投資家から資金を受けとり、それと引き換えに渡す債券のことを言います。こうした社債は資本扱いになる株式とは違い、発行側にとっては借金(負債)扱いになります。一般には機関投資家向けの社債が多いようです。

ぞれぞれ名前は異なりますが、債券投資で利益が出る仕組みは全て同じです。

債券とは社会的信用ある機関が資金調達のために発行する

一般的に債券とは社会的に一定の信用がある機関が資金調達を目的として、金銭消費貸借契約に順ずる法律に基づいて発行する有価証券のことを指します。

こうした債券の主な発行体には国や地方公共団体、あるいは政府関係機関とか企業などがあります。

なおこの債券のことを「公社債」と呼ぶこともあります。

これは公債と社債を引っ付けた言葉です。

また債券は公社債・民間債・外国債に分類されることもあります。

初心者のための投資オールガイドTOP > 債権の種類