初心者のための投資オールガイドTOP > 年金投資

年金投資・投資型年金とは何か?

年金投資とも呼ばれる「投資型年金」とは別名「変額個人年金保険」とも言われる保険会社が販売している年金保険のことです。

この保険は銀行でも販売が認められ、保険会社の代理店として窓口で販売しています。

これは「老齢年金」など、国の年金はもはや限界にきており、多くの人が老後への不安を感じている中で、老後対策として売り出されている商品なのです。

ではこの「投資型年金」ですが、金融商品として本当に価値があるのでしょうか?その点についてここで詳しく見ていくことにしましょう。

投資型年金で本当にお金は増えるのか?

投資とはリスクがあるからこそ、リターンが期待できるのですが、えてして日本人は損を出すリスクのある投資を嫌います。

銀行預金のように増えなくても元本が確実に保障されていることに安心感を持つ人が多いのです。

こうした日本人の傾向にあわせてか、以前は減るリスクを持っていた投資型年金ですが、最近では減らない商品として人々に認められてきています。

例えば「元本最低保障つきの投資型年金」は途中で解約しなければ、満期が来ると支払った保険料を保証してくれます。

さらに商品によっては元本以上を保証してくれるものもあります。ではこの「投資型年金」には、この他にどんなメリットがあるのでしょうか。

メリット1・相続税の優遇措置がある

この金融商品は保険の仲間ですから、運用期間中に被保険者が亡くなった場合は死亡保険金として受け取れるため、生命保険の相続税の優遇措置があります。

メリット2・受給権の相続ができる

この場合でも相続税の計算では財産評価を下げることができ、相続税を減らすことができます。

投資型年金は、会社によって異なる

具体例として、有名どころの大手保険会社各社が販売している投資型年金には次のようなものがあります。

大手が販売しているものが必ずしも良い訳ではありませんが、参考になるかと思います。

日本生命・未来へのあゆみ(バランス型)

期間中被保険者に万一のことがあった場合は積立金額と基本給付金額のいずれかの大きい額の方が支払われます。

ING生命保険(株)・投資型年金

この会社の保険は年金額、給付金額、解約払い戻し金が投資運用益に基づいて増減する仕組みの年金保険です。

初心者のための投資オールガイドTOP > 年金投資