初心者のための投資オールガイドTOP > ファンドへ投資

ファンと投資信託に違いはあるのか?

投資信託にはファンドという言葉がよく出てきますが、この両者の意味は同じなのでしょうか?それとも何か違う意味があるのでしょうか。

一般的には投資信託のことを指してファンドということもあるのですが、ファンドは投資信託以外の金融商品も含む場合があります。

それは主にイベントなどの資金を集めるファンドとか、コンテンツ制作やIT事業のためのファンドとかがあります。

こうしたファンドの中には証券投資信託法や証券取引法などの、投資家の保護を目的とした販売規制や金融商品の運用に対する規制が適用されないものもありますから注意が必要です。

投資家からお金を集めていろいろなものに投資するという点では同じですが、その監督体制には大きな違いがあります。

こうした中で投資信託などのファンドは「投資信託委託業者」による厳正な管理のもとに運営されている金融商品なのです。

こうしたファンドの中で、最近よく耳にするものに「ヘッジファンド」というものがあります。

果たしてこのヘッジファンドとはどんなファンドなのでしょうか。

ヘッジファンドとは何か、投資信託との違いは?

ヘッジファンドを理解するには投資信託と比較するとその特徴がよく分かります。

まず両者の目標とするところを見ていますと、投資信託が比較対象となる株式指数など、ベンチマーク(指標)を上回る相対的リターンを目指すのに対し、ヘッジファンドは上昇相場、下降相場を問わずプラスだけのリターンを目指し、ひたすら「絶対リターン」を追及していきます。

次に対象になる投資家ですが、投資信託は数万円からという少ない金額で、ほとんどの商品が投資可能になりますから、個人投資家を始め幅広い投参加できます。

一方ヘッジファンドは、ほとんどのファンドで最低投資単位が1億円以上であり、機関投資家や富裕層投資家に参加が限られています。

次に投資スタイルですが、投資信託はレバレッジや空売りを行わず、現物商品の売買を基本(一部ではデリバティブを利用する)としますが、ヘッジファンドではレバレッジをテコにして元本の何倍もの資金の運用や、「空売り」からデリバティブの利用に至るまで幅広く運用します。

以上の説明で投資信託と比べたヘッジファンドの特徴やメリットがお分かりだと思いますが、最後にヘッジファンドのデメリットについてまとめてみましょう。

ヘッジファンドのデメリット

デメリット・①

投資の最少金額が高額で、また長期にわたって資金が拘束される。(最近では小口投資も可能になってきた)。

デメリット・②

手数料、成果報酬などが投資信託などと比べて高い。

初心者のための投資オールガイドTOP > ファンドへ投資