初心者のための投資オールガイドTOP > 株式投資をするのに必要なお金の金額

株式投資にはどれぐらいのお金が必要か?

株式投資初心者多くは投資金額の問題が気になるではないでしょうか。

つまり最低どれぐらいあると投資できるのだろうか、とか、ある程度まとまった利益を上げるにはどれくらい必要なのか、などの点についてです。

株価は企業により異なり、また単元株と言って購入する単位もそれぞれちがいます。

つまり購入できる単位が100株であったり、1000株であったりと、銘柄によって異なるのです。

したがってどの株を買うかによっても必要な金額は違ってきます。株価の単位の目安については次のように覚えておくといいでしょう。

  • 株価が1~1000円の場合:1000株単位
  • 株価が1000~10,000円の場合:100株単位
  • 株価が10,000円以上の場合:1株単位

だいたい以上のようになっていますから、購入する銘柄によって必要な資金の額は大きく異なってきます。

でも初心者だとはじめから大きな資金を投入しませんから、一般的に用意するお金も10万円~100万円程度ではないでしょうか。

初心者に向いているミニ株投資

上でも述べたように株には単元株制度という購入単位があり、1株づつではなく、例外を除いては100株とか1000株のように、まとまった単位でしか取引できないようになっています。

しかし「ミニ株」制度を利用すれば、そうした単位の10分の1から取引できるようになっています。

でもこれはオフィシャルな制度ではなく、証券会社が独自に提供しているサービスですから、すべての会社で可能なのではなく、できるところとできないところがあります。

またミニ株は翌日の寄り付きの値段で取引されますから、指値での注文はできません。

ミニ株は通常の資金の10分の1の資金で購入できますから、株式投資初心者のとっては理想的とも言えるのではないでしょうか。

株式投資の手数料はどれくらいなのか?

株式取引には手数料がかかりますが、でもいま盛んになっているネット取引を使えば、その額は微々たるものです。

例えばネット証券大手の「M社」の場合ですと、1日の取引が10万円までは無料。30万円までが315円。50万円までが525円。100万円までは1050円となっています。

通常の取引をするのであれば、ネット証券を利用すれば気にするような金額ではありません。

デイトレードと言って、一日に何回も売買を繰り返す手法を取るなら手数料はできるだけ安い証券会社を選ぶ必要があります。

初心者のための投資オールガイドTOP > 株式投資をするのに必要なお金の金額