初心者のための投資オールガイドTOP > 株式投資の始め方

株式投資を始めるにはどうしたらいいの?

アベノミクス効果で長い間低迷していた株価がこのところやっと上昇の気配をみせています。

はたしてこの動きは本物でしょうか。こんなふうに考えながら、株式投資に関心を抱いている方も多いのではないでしょうか。

では実際に株式投資を始めるにはどのようにしたらいいのでしょうか。

ここではその方法や手続について説明していくことにしましょう。

<①証券会社に口座を作る>

株式投資を始めるに当たってまず大切なことは証券会社に自分の口座を開設することです。

これには自分で証券会社に足を運んでもいいし、ネットで簡単に開設することもできます。手数料や利便性では圧倒的にネット証券がおすすめです。

<②口座に投資用のお金を入金する>

口座にお金を入金しなければ株を買うことはできません。

口座に入金する方法は、指定口座に直接お金を入れる方法とパソコンをつかってインターネットバンキングで入金する方法があります。

<③株を購入する>

株を選択して実際に購入してみます。

株価は会社によって様々ですから、投資金額によって資金内で購入できる銘柄を選びます。

株を購入した時点で投資活動がスタートします。

安定的な利益を目指してがんばりましょう。

インターネットで株式投資をする方法

次に最近盛んになってきたインターネットによる株式投資のやり方について説明しましょう。

最初に口座を開設するのは一緒ですが、ここでは開設の際の注意点も併せて説明することにします。

<①ネット証券会社に口座を開設する>

インターネットの「おすすめネット証券会社」などのサイトを参考にして会社を選んでください。

手数料は各社まちまちですし、サービスの内容も異なります。

口座開設方法はまずネットで資料を請求して届いた申込書を記入し、免許証などの本人確認書類の写しを添えて郵送すれば開設できます。

口座開設やその維持のための費用は無料です。

<②口座を開設したら取引を始めよう>

通常の株取引は前払い方式ですから、あらかじめ証券口座に入金しておくといいでしょう。

その入金残高分だけの取引が可能になります。

注文には指定注文と成り行き注文がありますからその違いについて事前に理解しておく必要があります。

<③取引の際に指定すること>

指定注文と成り行き注文の指定のほかにもいくつか指定することがあります。

それは「銘柄コード」です。これについてはヤフーなどのサイトをみればすぐわかります。次は東証や大証などの市場の選択です。

銘柄によって市場が異なることがあるからです。

最後は株数の指定です。

株によって購入できる単位が異なりますから注意が必要です。

これで株の購入は完了です。

初心者のための投資オールガイドTOP > 株式投資の始め方