初心者のための投資オールガイドTOP > 不動産投資をするのに必要な資金

足りない分は積極的に借入を利用する

不動産を購入するには数百万円~数千万円、あるいは物件によっては億単位になることも珍しくありません。

したがって必要な資金といっても上限がありません。

とは言え、そんなに大きな資金を用意できる人は少ないはずです。

でも心配はいりません。

不動産投資の場合は自己資金だけでなく、借入によって資金を調達するのが一般的です。

借入には信用力が大切ですが、不動産投資の場合はその資産を担保にできますから、金融機関にとっては「貸しやすさ」があるようです。

銀行からの借入をする事で、資産を増やすための時間を節約できますので、このことが不動産投資を有利にしているのです。

まさしく「タイム・イズ・マネー」です。

借入の返済金額を上回る収益を出す

借入には当然返済が伴います。

金利にもよりますが、毎年の返済額は物件購入金額の5%を越えることもあります。

仮に5500万円の物件を自己資金500万円、借入金5,000万円で購入し、毎年500万円の家賃収入を得たとします。

この収入のうち300万円前後は銀行への返済になります。

これは一見投資効果が相殺されてしまうようでもありますが、自己資金に対しては”投資効果が上がっている”とも考えられるのです。

不動産投資、ワンルームと1棟買いで必要な資金は?

土地や建物の現物を買う不動産投資には部屋単位で購入する方法と1棟丸ごと購入する方法があります。

この場合当然のことですが、部屋単位で購入する方は1棟買いより資金は少なくてすみます。

では具体的にどれくらいの資金が必要かといえば、室単位では数百万円~、1棟買いでは数千万円~ということになります。

次に、この投資での両者の家賃収入や空室による損失についてシミュレーションしながら見ていきましょう。

1ルームマンションなどの部屋単位の購入ですと、例えば1部屋の場合なら平均して家賃収入は5万円ぐらいでしょう。

この5万円ですが、入居者がいる場合は安心ですが、退出して空室になると家賃収入はゼロになります。

このように部屋単位で購入することは空室による収益のロスという大きなリスクを背負うことになるのです。

では1棟買いの場合はどうでしょう。仮に10室で1棟の場合とします。

1室の家賃が5万円としますと10室では50万円になります。

この場合10室のうち2室が空室になったときには家賃収入は40万円になります。

したがって1棟買いでは例え空室ができても、収入がゼロになってしまうリスクはないのです。

初心者のための投資オールガイドTOP > 不動産投資をするのに必要な資金