初心者のための投資オールガイドTOP > 不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資の最大のメリットは収益の安定性

不動産投資を株式投資や債券投資と比べてみたときのメリットはなんと言っても継続的で安定した収益が得られる事です。

特にアパートやマンションなどに直接投資すると定期的、継続的に家賃収入が得られることは何にも変えられないメリットです。

このほかにも不動産投資には様々なメリットがあります。

以下それを見ていくことにしましょう。

不動産投資には具体的に次のようなメリットがあります。

1.比較的安定した収入が得られる

株式投資や債権投資は価格の変動が激しく、余程うまくやらないと決して安定しているとはいえません。

でも不動産投資の主な収益は賃貸収入です。

これにはそれほど変動がありません。したがって、たいていは安定した収入が定期的、継続的に入ってきます。

2.インフレに強い

物価が上がっていき、お金の価値が下がることをインフレーションと言います。

こうした時には、あらゆるものの物価が上がりますから、当然家賃も上がります。

家賃が上がると不動産価値も上昇します。

つまり1000万円投資して得たマンションがインフレになると1500万円になったりするのです。

したがって不動産はインフレに強いといえるのです。

3.所得税、相続税の節税効果

不動産を所有していると減価償却という費用が計上できるので節税効果があります。

また相続税も個人が亡くなったときの時価で評価されますから、これも大きな節税になります。

不動産投資のデメリット

一見良いことばかりのような不動産投資ですが、やはりメリットがあれば当然デメリットもあります。

それは次のようなものです。

1.空室と滞納による利回りの低下

長期にわたる空室や、思わぬ延滞の発生で予定していた利回りを下回ることがあります。

2.老朽化による修繕コスト

予想を上回る修繕費が発生したりして収益悪化を招くことがあります。

3.不動産価格の下落

不動産価格が下落すると売却損(キャピタルロス)が生じます。

4.ローン金利の上昇

不動産投資にローンを利用した場合、金利が上がると返済額アップのリスクが生じます。

どんな投資でもそうですが、メリットもデメリットもありますので、両方をしっかり検討した上で、どの投資商品が自分の性格やライフスタイルに合っているのかを見極めましょう。

初心者のための投資オールガイドTOP > 不動産投資のメリット・デメリット