初心者のための投資オールガイドTOP > 外貨投資とは?

外貨投資とはどんな投資なのだろうか?

外貨投資にはいろいろな種類がありますが、現在わが国でよく行われているものは大きく分けて次の3つではないでしょうか。

それらは「外貨預金」「外貨MMF」「外国為替証拠金取引(FX)」です。

これらのほかにも外国株式投資や外国債券投資、それに外貨建てファンドなどがありますが、リスクが大きいため、単独で取引にするには難があり、あくまで複合的に運用する投資商品と考えた方がよいでしょう。

ではまず最初にあげた3つの外貨取引についてそれぞれの特徴などを見ていきましょう。

<外貨預金>

外貨預金とは国内の銀行に預けられる外貨建ての預金のことを言います。

この預金は通常1ヶ月~1年の定期預金と普通預金があります。

なおこの預金は預金保険の対象外になります。

またこの預金には金利と為替による差益の2つのメリットが期待できます。

<外貨MMF>

外貨MMFとは外国債券に対して短期間投資する投資信託の一種です。

したがって投資区分としては「公社債投資信託」ということになります。

投資信託とは言え、安定運用による金利の支払いを基本にするファンドであり、そのため証券会社の外貨預金として使われることも多いようです。

<外国為替証拠金取引(FX)>

FXとは外国為替(Foreign Exchange)の略で、一般的には外国為替証拠金取引のことを意味します。

これは外貨取引にあらかじめ担保として証拠金を預ける取引のことです。

例えば証拠金として10万円を預ければ100万円ぐらいの取引ができるのです。

この取引を使えば元手があまりなくても大きな取引が可能になります。

キャピタルゲインとインカムゲインとは?

外貨投資でよく使われる用語に「キャピタルゲイン」とか「インカムゲイン」などがありますが、いったいこれらはどんな意味を持っているのでしょうか。

ここではそれについて説明しましょう。

キャピタルゲインとは?

キャピタルゲインとは外貨を買ってその後値上がりしたときに売却して得られる利益のことを言います。

インカムゲインとは?

例えば株式投資でも企業の決算期などには株主に対して配当金を払うことがありますが、これもインカムゲインです。

FXによる外貨投資の場合には政策金利の安い国の通貨で政策金利の高い国の通貨を買うことにより金利差による利益を得ることができます。

これがFXなどのインカムゲインです。

FXで高いレバレッジをかけて南アフリカの通貨であるランドなどを買うと高いスワップポイントが付き、毎日たくさんのインカムゲインを得ることも可能です。

初心者のための投資オールガイドTOP > 外貨投資とは?