初心者のための投資オールガイドTOP > 外貨投資の始め方

外貨投資とはどんな取引で、どのように始めるのか?

外貨投資とは外国為替を使った投資方法です。

では外国為替とはいったに何のことなのでしょうか。まず為替とは何でしょうか。

為替とは金銭を決算する手段のことを言います。

したがって外国為替とはそれぞれの国や地域が発行している通貨を決済するための手段のことを言うのです。

つまり外国為替取引とは通貨と通貨を取引することです。

この通貨取引には現在では「変動相場制」が採用されていますから為替レートは固定ではありません。

例えば今日1ドル100円で取引されていたものが翌日には1ドル101円になったりするのです。

ですから外貨投資ではこの「利ざや」を稼ぐことができるのです。

ではこうした外貨投資にはどのような取引があるのでしょうか。以下その種類別にその始め方について見ていきましょう。

外貨投資種類とその進め方

<外貨預金の始め方>

外貨預金は銀行に外貨を使って預金する方法です。

普通の銀行の店頭でもネット銀行を使ってでもできます。

種類は「外貨普通預金」と「外貨定期預金」があります。

外貨普通預金は金利が安いかわりにいつでも円に戻すことができますが、外貨定期預金は金利が高い分、原則として満期が来るまで円に戻せません。

<外貨MMFの始め方>

外貨MMFは主に証券会社で取り扱っている外貨投資商品です。

これは公社債投資信託という投資信託の一種です。

この投資の特徴は安全性が高いことと為替利益に対する課税が非課税になっていることです。

また証券会社を通じて取引しても外貨預金などと比べて手数料は安くなっています。

<FX取引の始め方>

いま個人投資家の中で人気を集めているのがこの投資です。

FXとはForeign Exchange,つまり外国為替のことです。

この取引は「外国為替証拠金取引」とも呼ばれ、一定の金額を証券会社などに預けておくと、その数倍から数十倍の額の取引が可能になります。

例えば10万円を預けておけば100万円~200万円ぐらいの米ドルを購入したり売却したりできるのです。

頻繁に売買する事になるのがFXの特徴ですので、FX会社の選び方はとても重要です。

初心者のための投資オールガイドTOP > 外貨投資の始め方