初心者のための投資オールガイドTOP > 外貨投資に必要なお金はいくら?

外貨投資にはどれぐらいの資金が必要なのか?

外貨投資にはいろいろな種類がありますが、必要な資金額はどの投資をやるかによって異なってきます。

また投資方法によっては少ないお金で大きな金額の取引が可能なものもありますから、必ずしも大きな資金が必要であるとも限りません

では種類別にその必要資金について見ていきましょう。

外貨預金に必要な資金

外貨預金は一般の銀行やネット銀行で扱っていますが、「外貨普通預金」は1ドルとか、1ユーロといった1の単位から取引可能です。

また「外貨定期預金」の場合だと、10万円から取引ができます。

期間は1ヶ月から1年までです。

金利は銀行によって異なりますが、一般的にネット銀行の方が普通の銀行より高くなっているようです。

外貨MMFで必要な資金

外貨MMFによる投資は、普通の証券会社やネット証券会社で取り扱っています。

会社によって最少取引額は違いますが、主な会社では次のようになっています。

(楽天証券)10通貨単位以上、例えばドルの場合1ドル100円なら、1000円以上となる。

(カブドットコム証券)10,000円以上。

(マネックス証券)10,000円以上。

(野村證券)、1500円以上。

FX取引に必要な資金

FX取引とは預けたお金の10倍~20倍もの金額の取引ができる投資方法ですので他の方法に比べて少ない資金で始める事ができます

例えば10万円預けても100万円~200万円ぐらいの取引が可能になりますから、初心者には10万円もあればじゅうぶんなのではないでしょうか。

外貨投資の手数料はどれくらいかかるのか?

外貨投資にはそれぞれ手数料がかかり、また税金も必要になってきます。それについて種類別に見ていきます。

外貨預金の手数料

手数料の最安値は住信SBネット銀行の1米ドル当たり片道9銭。

外貨MMFの手数料

手数料の最安値はカブドットコム証券の1米ドルあたり片道20銭。

FX取引の手数料

この取引についてはほとんどの金融機関で手数料はゼロです。

※なお税金については別項(投資と税金)で説明していますから、そちらをご覧ください。

初心者のための投資オールガイドTOP > 外貨投資に必要なお金はいくら?