初心者のための投資オールガイドTOP > 外国債券(外貨建て)とは?

外貨建て外国債券の魅力とリスクとは?

低金利が長い間続く日本でいま「外貨建て外国債券」がたいへん人気になっています。

これは円以外の外国通貨で元本を払い込み、償還金や利息なども外国通貨で支払う(受け取る)ことを約束した債券のことです。

これには海外の国や企業が自国の通貨を使って発行するものが多いようです。

世界中を見渡してみると、その数は通貨の数だけあるとも言われており、大変種類が多いのですが、日本で発売されているものは「米ドル建て」、「豪ドル建て」、「ユーロ建て」などの、いわゆるメジャーな通貨によるものだけのようです。

こうした「外貨建て債券」の魅力はなんといってもその高い金利ではないでしょうか。

日本ではこれまで長い間低金利が続いていますが、世界の先進各国ではリーマンショックの後では政策金利が大分下がったとは言え、日本に比べるとまだうんと高い国が多く、特に新興国の金利の高さは驚くほどです。

しかし金利が高い債券にはそれだけ「信用リスク」が多く伴いますから、投資に当たっては、通貨の選択に対する注意が特に必要になります。

外貨建て外国債券は金利は高いがそれなりのリスクもある

外国債券の最大の魅力はなんと言ってもその高い金利です。

この債券を償還日まで持ち続ければ額面金額が戻ってきます。

でも償還日が来る前に売却する場合はその時点の市場価格で取引されますから、もし市場価格が下がっていれば元本割れになる可能性もあります。

外国債券の価格は金利によって変動しますから、金利が上がると、金利の低いときに発行された債券の魅力は失われていき、当然の結果として価格は下がります。

逆に金利が下がると金利が高いときに発行されて債券は魅力が大きくなっていくため価格は上昇します。

一般的には、同じ内容の債券でも償還日までの残り期間が長ければ長いほど価格の変動が大きくなりますから、その点にも注意が必要です。

初心者のための投資オールガイドTOP > 外国債券(外貨建て)とは?