初心者のための投資オールガイドTOP > 今、なぜ投資が必要なのか?

投資家の表情にも久々に笑顔が戻ってきた

バブル衰退以来ずいぶん長い間低迷を続けていたわが国の投資をめぐる環境ですが、安倍内閣の経済政策による「アベノミクス効果」もあって昨年秋ぐらいから、やっと一筋の陽がさしはじめたようです。

ここへきて久々に投資家の表情にも笑顔が見え始めています。

でも、これまで何度も辛酸をなめさせられてきた人たちだけに、この局面を迎えても、まだ「これは本物の上昇機運だろうか」と、半信半疑の人たちが多いのも事実です。

さて、資本主義社会における経済活動においては私たちにとって投資という行為は避けられないものです。

なぜなら、これこそが経済の不測の事態に備えた自衛手段になるからです。

つまり銀行にお金を預けておいても低金利のため利息が安く、一向に増えません。

これでは今後予測されるインフレなどによる資金の目減りや、超高齢化社会の到来で、万一の社会保障制度の崩壊などに備えることはできません。

したがってどんな事態になっても、わが身を守るためには守勢ばかりでは駄目なのです。

計画的な投資という積極的な経済活動に参加してこそ、将来の安定した生活に備えることができるのではないでしょうか。

いま投資が必要なのは次のような理由からである

いま私たちを取り巻くわが国の経済環境に目を向けてみますと、銀行の金利はもうこれ以上下がないぐらいの低金利であり、また国の財政はというと、財政赤字が1000兆円に達するかというほど、超危険な状態にあります。

こんな状態では、銀行にお金を預けてもほとんど増えることはありません。

また国の財政が破綻して、社会保障制度が崩壊してしまうかもしれません。

こうした中では、国民は自らの経済は自分自身で守っていくしかないのです。

こんな時代だからこそ、少しでも安定した将来の生活を守るためには、投資によってお金を増やしていかなければいけないのです。

そのためにいま投資が必要なのです。

株式投資なり、債券投資なり、自分なりにやり方をよく研究し、そして勇気を出して始めることが大切なのです。

初心者のための投資オールガイドTOP > 今、なぜ投資が必要なのか?