初心者のための投資オールガイドTOP >

日本経済の将来は暗い。資産は自分で作る。

日本経済の先行きは、はっきり申し上げてお先真っ暗です。今の生活レベルを維持し続けることは極めて難しいのが現実です。

私たちの給料は下がり続け、税の負担は増え、生活レベルか低下し続けます。

経済低迷の最大の原因は、少子化と超高齢化社会です。国家の経済を支える若い働き手となる若年層が少なく、高齢者が爆発的に増えます。

人口分布の問題は、対策を取ってうまく言ったとしても、効果がでるのは最低でも20年〜30年かかります。

当たり前ですよね。出生者数を増やしても働き手となる20歳くらいになるまでには最低でも20年間は必要だからです。

つまり、私たの日本という国は、もはや取り返しのつかない手遅れの状態になってしまっているのです。

2050年の世界がどのようになっているかを予測したイギリスの名門経済誌が出版した「2050年の世界」という本があります。

そこには、日本の恐ろしいまでの衰退ぶりが極めて説得的に論理よく書かれています。まだ読んでいない人は絶対に読んで下さい。

譚台ク頑丼讓ケ 1Q84
2050年の世界 英『エコノミスト』誌は予測する

今から2050年までの間に世界がどのように変化するのか、日本がどのような国になるのかという現実を知れば、今自分が何をしなければならないかが明確になります。

今の生活水準を維持するには投資が不可欠

給料が上がる事が期待できない以上、自分の資産を増やすためにはうまく投資して運用するしかありません。

本格的に投資の勉強をする覚悟ができている人は、勉強のペースメーカーとしてファイナンシャルプランナー(FP)証券アナリスト公認会計士などの資格を取得する事もオススメです。

初心者のための投資オールガイドTOP >